DVDコピーをしてもらう際にコピーガードをつけてもらう

あなたは業者にDVDコピーをお願いしたことがありますか?DVDコピー|DVDプレスの日本ビデオサービス・ディスクズに、DVDコピーをしてもらって、自分の作品を販売したり配布をしたりする場合、自分のDVDの著作権を守りたいと考えている人もいるのではないでしょうか?
例えば、自分やあなたの会社が作って著作権がある作品をDVDコピーしてもらっても、もしもコピーされてしまって悪用されてしまったり、転売されてしまっては損害を蒙ってしまうことになりかねません。

特に会社としてDVDの販売や配布をする場合、転用されてしまって、流出してしまっては大変なことになってしまうこともあります。

流出してしまっては困るようなDVDコピーをするのであれば、オプションでコピーしたDVDにコピーガードをつけてもらうようにしてもらうといいでしょう。

コピーガードは、DVDに保存されているデータをコピーすることが出来ないように暗号化されていますから、簡単にコピーをすることが出来ません。
ですから、DVDには行っているデータや映像などの著作権を守ることが出来るようになっています。
コピーガードをDVDコピーしてもらう際に施してもらう場合、業者によって料金は違いますが、大体1枚100円から500円ほどになっています。
その業者によって、施されるコピーガードの方法が違っていますから、セキュリティーの高さなどを比較しながら選ぶといいでしょう。
個人としてDVDのコピーをするのであれば、そこまでセキュリティーを意識しなくてもいいかもしれませんが、会社としてDVDをコピーして配布したり教材などとして使っていくのであれば、会社の情報を保護するためにも、セキュリティーの高いコピーガードをしておいたほうがいいでしょう。
DVDプレイヤーでDVDコピーしたメディアを再生させようとしたのに、再生させることが出来なくて困ってしまうという初心者の方はとても多いです。
このようなトラブルというのは、簡単に解決することが出来ます。

空のDVDメディアにデータを書き込みする前に、ファイルをイメージファイルに変換をすることによって、DVDプレイヤーでも問題なく再生させることが出来るようになります。

DVDプレイヤーで再生させることが出来ない人というのは、DVDから抽出したデータをそのままライティングソフトで書き込んでしまっているという人が多いです。
ですから、一度、イメージファイルに変換をするようにしてください。
gbdfgtr
イメージファイルでも、ISO形式、MDS形式、CUE形式といった色々な形式があるのですが、一番手っ取り早いのは、ISO形式です。
ISO形式に変換をしたデータを書き込みすることによって、どんなDVDプレイヤーを使っているとしても再生させることが出来るでしょう。
このISO形式は、専用のソフトで簡単に変換できますから、初心者でも問題ないでしょう。

ただし、ISO形式に変換したとしても、DVDメディアがDVDプレイヤーに対応していなかったということもありますから、DVDメディアの種類もちゃんと確認するようにしておいてくださいね。

なおデータDVDをDVDコピーする場合は、ISO形式などのイメージファイルに変換をしなくても使用することが出来ますから、データDVDであれば変換をする必要はありません。

△PAGE TOP